よくあるご質問よくあるご質問

高位脛骨骨切り術(HTO手術)について高位脛骨骨切り術(HTO手術)について

人工膝関節置換術を勧められていますが、高位脛骨骨切り術(HTO手術)は可能でしょうか?手術可能ならばお薦めできる点は?
変形性膝関節症との診断で中程度の症状であれば高位脛骨骨切り術(HTO手術)施行の可能性は高いです。大腿骨顆部壊死ならより可能性が高いと思われます。メリットは患者さんの膝を温存するので、
  1. 正座が引き続き可能
  2. スポーツが可能
  3. 農業など肉体労働へ復帰
が可能となることが多いなどです。

高位脛骨骨切り術(HTO手術)の入院と手術について高位脛骨骨切り術(HTO手術)の入院と手術について

入院期間はどのくらいですか?
施設の状況によっても変わりますが、2~3週程度です。
手術はどれくらいの年齢まで可能でしょうか?
特に他疾患がなければ年齢制限はありません。高齢でも活動性が高い方ならお勧めでき、実際に80歳代の方でも施行されております。
手術をするのに喫煙は問題でしょうか?
問題です。ニコチンが骨の形成に影響あることはいくつからも研究報告があり、禁煙を強く勧めます。

高位脛骨骨切り術(HTO手術)の手術後について高位脛骨骨切り術(HTO手術)の手術後について

術後、金属のプレートは抜くのですか?
希望があれば1年度、通常2年程度で抜く場合が多いです。違和感がなければ抜かない場合もあります。
術後何年か経つと元通りになって、痛むことはないのでしょうか?
適確に高位脛骨骨切り術(HTO手術)が行われれば、また元通りになり手術を受けなければならなくなるケースは、ほんの数パーセントと言われております。
術後、すべての方が正座が可能になるのでしょうか?
おおよそ60%くらいの方が正座が可能です。やはり手術前に正座ができるくらいに膝が曲らない場合は難しいことが多いです。
手術後、どのぐらいで日常的な動作ができるようになりますか?
一般的なケースでは、手術後2週間以内に杖を使って歩くことができます。3週程度で独歩にて退院し、その後は日常的な動作は問題なくできるようになります。
術後、ひざを使うような肉体労働(農業、漁業など)をしても良いのでしょうか?
退院後、回復すれば問題なくできるようになります。
術後、マラソンや登山、テニスなどしても問題ないのでしょうか?
退院後、回復すれば問題なくできるようになります。

監修:竹内良平 先生(横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節 センター長)

ページトップに戻る