高位脛骨骨切り術(HTO手術)について高位脛骨骨切り術(HTO手術)について

O脚変形のために内側(内側大腿―脛骨関節)に偏った過重なストレスを、自分の骨を切り、少し角度を変えることにより、比較的きれいな軟骨の存在する外側(外側大腿―脛骨関節)に移動させる手術です。脚の形はO脚からX脚に変わります。患者さんのひざが温存できますので、正座が引き続き可能であったり、スポーツや農業などの仕事へ復帰された患者さんが多くいます。一方で、骨が癒合するまで痛みが多少続くこと、機能回復にはリハビリをしっかり行うことが必要です。
最近ではOpen Wedge HTOという方法が増えております。

高位脛骨骨切り術(HTO手術)の種類高位脛骨骨切り術(HTO手術)の種類

Open Wedge HTO

右側の写真のように脛骨の内側から外に向かって骨を切り、内側を開いて矯正する方法です。 侵襲や合併症が少なく近年この方法を施行する施設が増えております。一方、矯正の角度に限度があります。

Open Wedge HTOの手術Open Wedge HTOの手術
Closed Wedge HTO

脛骨の外側から骨を楔状に切り、短縮させて矯正する方法です。変形が強く矯正の角度が大きい方でも対処可能ですが、Open Wedge HTOに比べ、多少侵襲が大きくなります。

Closed Wedge HTOの手術Closed Wedge HTOの手術

高位脛骨骨切り術(Open Wedge HTO:HTO手術)の特徴高位脛骨骨切り術(Open Wedge HTO:HTO手術)の特徴

  • 自分の関節は温存され機能は維持される。
  • 日常生活に制限がなく、スポーツ活動も可能となる。
  • 痛みは極めて良く改善される。
  • 手術1週後より歩行訓練を開始、3週間程度の入院で歩いて退院できる。
  • 消失した軟骨が再生する症例もある。
  • 矯正に使用する人工骨(ß-TCP)は2~3年程度で自分の骨に置換される。
  • 60%程度の方が手術後正座可能となる。
  • 体に及ぼす影響(侵襲)が少ない。
  • 骨が癒合するまで痛みが多少続く。機能回復にはリハビリをしっかり行うことが必要。

高位脛骨骨切り術(Open Wedge HTO:HTO手術)の手術とは高位脛骨骨切り術(Open Wedge HTO:HTO手術)の手術とは

  • 1. 関節鏡にて関節内を観察します。必要あれば不要な骨や組織を取り除きます。1. 関節鏡にて関節内を観察します。必要あれば不要な骨や組織を取り除きます。
  • 2. 皮膚を切開し、骨切りを行う脛骨を露出します。周りの靭帯などを骨と剥がす作業も行います。2. 皮膚を切開し、骨切りを行う脛骨を露出します。周りの靭帯などを骨と剥がす作業も行います。
  • 3. 脛骨の骨切りを予め予定した角度に開いて行います。3. 脛骨の骨切りを予め予定した角度に開いて行います。
  • 4. 術中にレントゲンにて角度を確認し、人工骨挿入と金属のプレートやスクリューで固定します。4. 術中にレントゲンにて角度を確認し、人工骨挿入と金属のプレートやスクリューで固定します。
  • 5. 十分洗浄し、切開した部分を縫合します。5. 十分洗浄し、切開した部分を縫合します。

高位脛骨骨切り術(Closed Wedge HTO:HTO手術)の手術とは高位脛骨骨切り術(Closed Wedge HTO:HTO手術)の手術とは

  • 矯正する角度が大きい場合などに適用されます。
  • 外側から骨を切り、クサビ状に骨を取り除き矯正します。
  • 腓骨の一部切除が必要です。
  • 高位脛骨骨切り術の入院から退院、リハビリの流れ高位脛骨骨切り術の入院から退院、リハビリの流れ

監修:竹内良平 先生(横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節 センター長)

ページトップに戻る